利尻カラークリームが染まらない7つの原因│シリコンも染まらない原因に?

URLをコピーする
URLをコピーしました!

利尻カラークリームの口コミを調べると「染まらない」というレビューもありますよね。

染まらない人もいるし、よく染まるっていう口コミもあるし、どっちなの??

私は「染まらない」という口コミをしている人の中には、正しい使い方をしていないせいで染まらない人もいると思うんです。

  

正しい方法で使用して、あなたの髪に合うか試してもらいたい!

そう思ってこの記事をかきました。それはセルフでできる白髪染めをいろいろ試してきた私が今「一番人におすすめできる!」と思うのが利尻カラークリームだからなんです。

この記事では7つの染まらない原因をご紹介します。

染まらない原因となることに気を付けて、ベストの状態で利尻カラークリームを実際に使って評価してください。

どんな白髪染めでも、自分に合うかどうかは結局使ってみないとわからないものだから、ネットの口コミだけで利尻カラークリームを避けるのはもったいないです!

利尻カラークリームは「利尻シリーズ史上最高に染まる」といううたい文句の白髪染めです。

販売している自然派サスティも自信をもって打ち出している白髪染めなので、「すぐ試してみよう!」という方はこちらのボタンから購入してください。

\ 公式が一番お得 /

目次

利尻カラークリームが染まらない7つの原因

利尻カラークリームが染まらない場合に考えられる原因は次の7つです。

  • 濡れた髪に使っている
  • 放置時間が短い
  • 寒い部屋で使用している
  • 塗る量が足りていない
  • ぼさぼさの髪にいきなり使用している
  • 整髪剤などを付けた上から使用している  
  • 毎日シリコンの入ったシャンプーやトリートメントを使っている

中には染まりにくい髪質の方もいますが、まずはこの7つに当てはまっていないか考えてみてください。

これが当てはまるのは利尻カラークリームに限ったことではなく、他の白髪染めでも染まらない原因になることがあります。

利尻カラークリームは乾いた髪に使うもの 

利尻カラークリームをご使用の際は、必ず乾いた髪にご使用ください。

利尻カラークリーム公式ページより引用

このような注意事項が書かれています。

”カラートリートメント”なら、シャンプー後にコンディショナーの代わりとして使うものもありますよね。

でも、利尻カラークリームは”カラートリートメント”ではなく、”ヘアマニキュア”に分類されます。

”ヘアマニキュア” ⇒1回で染まる。
”カラートリートメント”⇒少しずつ染まるので数回使用する

ヘアマニキュアは乾いた髪に使うもの。

濡れた髪で使用しても染まらないのは当然なんです。

  

利尻カラークリームをカラートリートメントと間違えてシャンプー後に使う方がいるからこのような注意書きがあるんでしょうね

放置時間は長めに&髪を温めておく

利尻カラークリームの放置時間(利尻カラークリームを塗って洗い流すまで置いておく時間)は10分とされています。

でも私は大体20分くらい放置しています。口コミを見ても、放置時間は長めにとっている方が多いようです。

  

長いようだけど、お風呂に浸かってスマホや本を見ていたらあっという間に過ぎます

かといって長い時間置いておけばよいというわけではなく、20度以下の状態でいくら放置してもよく染まらないかもしれません。利尻カラークリームを使用するときは、髪を温めた方が良く染まります。

公式サイトにも次のような注意書きが。

室温20~30℃くらいで使用してください。温度によっては、仕上がりの色が多少異なる場合がございます。

利尻カラークリーム公式ページより引用

冬などはエアコンをかけていても省エネで、暖房の設定温度を20度以下にする場合もありますよね。浴室で湯船につかりながら放置するなら問題ないですが、部屋で放置時間を過ごす場合は室温は上げておきましょう。

湯船につかって時間を過ごす場合も、髪を温めてカラークリームをもっと浸透しやすくするためにヘアキャップなどを使用するのがおすすめです。

  

ヘアキャップの中が温室みたいになって髪が温まります

使用前には髪をくしでとかしておく

ぼさぼさで絡み合った髪に利尻カラークリームを塗っても塗り残しが出ます。

カラークリームがついていない髪は当然染まりません。

キチンと髪をとかしていても塗り残しが出ることがあります。染め上がりにがっかりしないために、めんどくさがらずきちんとくしでとかしておきましょう。

また、くしでとかすと髪についたホコリも取れるというメリットがあります!

整髪料、洗い流さないヘアトリートメントなどの上から塗ると効果は減る

髪に整髪料やヘアオイル、洗い流さないトリートメントなどがついていると染まりにくいです。

私は広がる髪を落ち着かせるために「あんず油」を使っています。そのあんず油をたっぷり塗った日に利尻カラークリームを使ったときに、びっくりするくらい染め残しがありました!

髪がオイルでコーティングされているところにカラークリームを塗っても、成分が十分浸透するわけありませんよね。

シャンプーしたらそのままスルッと洗い流されてしまうんだと思います。

利尻カラークリームを使おうという日は、整髪料やオイルを使用しないようにするか、しっかりシャンプーで洗い流した後髪を完全に乾かしてから使いましょう。

シャンプーやコンディショナーに含まれるシリコンが原因で染まらないことも

シャンプーやコンディショナーに、髪をサラサラにするために配合されているのがシリコン。

シリコンが髪のキューティクルに張り付き、髪を保護するので多くの製品に使われています。シリコンは熱に強いので、ドライヤーの熱から髪を守ってくれるというメリットもあります。

このシリコン成分が、髪が染まりにくい原因になる場合があるんです。カラーだけでなく、パーマもかかりにくくなるといわれています。

シャンプーやコンディショナーを毎日使っていると、髪の表面がシリコンで何層にもコーティングされます。

そのためにカラー剤(美容院などのカラーでも)やパーマ剤が髪内部に浸透しにくくなるそうです。※すべてのシリコンシャンプー/コンディショナーで起こるわけではありません。

美容院で使用する強力なヘアカラーも効きにくくするシリコン。

美容院のカラー剤より、もっと穏やかに染まる利尻カラークリームを使うなら、普段のシャンプー/コンディショナーはノンシリコンを選ぶ方がよいかもしれません。

  

私はこの1年以上ノンシリコンのLatte(ラッテ)をリピートしているので、シリコンによる影響は受けていないはず

利尻カラークリームが染まらないという口コミを見てみよう

利尻カラークリームの口コミを様々なショップやサイトで調べてみました。よく染まるという口コミも多いのと同時に、やはり染まらないという口コミも。

【染まりにくいという口コミ】

  • 10分では染まらない
  • ダークブラウンなのに薄い茶色になっただけ

このように、利尻カラークリームは染まりにくいと感じている人もいるようです。

初めて使用する方は、放置時間は10分よりも長めに、例えば20分ほど取ってみてください。

先ほど紹介した「利尻カラークリームが染まらない原因」に当てはまらないよう気を付けて使ってみてくださいね。

  • 濡れた髪に使っている
  • 放置時間が短い
  • 寒い部屋で使用している
  • 塗る量が足りていない
  • ぼさぼさの髪にいきなり使用している
  • 整髪剤などを付けた上から使用している  
  • 毎日シリコンの入ったシャンプーやトリートメントを使っている
  

これを全部気を付けても染まらないなら、利尻カラークリームが髪質に合っていないということです

利尻カラークリームは良い製品ですが、すべての人に合うものではありません。

口コミから、短髪で頭皮が見える方にもおすすめできないということもわかりました。

頭皮につくと皮膚も染まるので、頭皮が見えるくらい髪が短いとまだらに見えてしまうそうです。

  

まあ、それはそうですよね(^^;

皮膚につくと皮膚も染まってしまうので、生え際や耳など目立つところにはめんどくさがらず保護クリームを塗りましょう。

利尻カラークリームには保護クリームと肌に付いてしまったときのためのリムーバーがついています。

利尻カラークリームの付属品

リムーバーを使えばとれるかというと、完全にはとれないんです。。。

色がついてしまったら目立って困る部分には保護クリームを塗りましょう!
※保護クリームはニベアやオロナインでも代用可

利尻カラークリームの使い方 必ず乾いた髪に使う!

利尻カラークリームは乾いた髪に使います。

くしでといて整えてから使いましょう!

白髪に塗ったら20分は放置してから洗い流します。

利尻カラークリームは使用後にシャンプーしてOKなので、洗い流しが楽です。

シャンプー後に使用するカラートリートメントだとずっとすすぎ続けても、お湯に色がついて疲れたりするんですよね。

その点でも利尻カラークリームはおすすめ!

利尻カラークリームのもっと詳しい使い方はコチラの記事に書いているので読んでみて下さいね。使用レビューも載せてます。

利尻カラークリームと利尻カラートリートメントの違い

『利尻』というと利尻カラートリートメントという2009年に発売された製品も人気があります。

似た名前なので間違えてしまいそうですが、簡単に説明すると次のような違いがあります。

  • 利尻カラークリーム ⇒ヘアマニキュアタイプ。1回で30日持つ。髪のやや内側まで染まる。
  • 利尻カラートリートメント⇒コンディショナーなどの代わりとして使える。数日連続で使う。髪の表面が染まる。

髪や肌に優しい成分が含まれていて、無添加なのは共通しています。

色持ちがいいのは利尻カラークリームです。

利尻カラークリームは1回の使用で30日持つので、白髪染めに手間をかけたくない人におすすめ!

詳しい比較はコチラの記事でご紹介しています!

利尻カラークリームと利尻ヘアカラートリートメントとの違いは染まり具合、色持ち

利尻カラークリームは公式サイトからの購入で1100円引き!

利尻カラークリームはドラッグストアや楽天市場などでも購入できますが、公式サイトでは1100円引きでお得!

1000円以上違うとなると、公式サイトの方が良いのではないでしょうか。

  

Amazonのアカウントを持っていれば、イチから住所や支払い方法を登録する必要なし!

公式サイトの場合2本セットなら5,500円(1本2,500円)で送料無料、プレゼントまでもらえるので、「できるだけお得に買いたい」という方は2本セットも検討してみてください。

未開封なら長期間できるし、開封しても使用期限は3ヶ月もあるので、まとめ買いが賢いですね!

定期購入が条件ではないのも好感が持てます。

\公式が一番お得/

アマゾンや楽天などのポイントがたくさんあるなら、とりあえずポイントを使って購入して試してみるのもいいかもしれません!

利尻カラークリームが染まらない原因を取り除けば染まる

利尻カラークリームが染まらない原因を7つ紹介しましたが、逆を言えば7つも考えられる原因を取り除けば「染まらない」と不満に思うこともないのでは?

「利尻カラークリームで本当に染まるの?」と心配な方も次のことに気を付けて一度試してみてください!

  • ケチらずたっぷり使う     
  • 放置時間は長めに     
  • 乾いた髪に使う
  • 整髪剤などがついていない髪に使う     
  • シリコンの入ったシャンプーやトリートメントを使わない

そうすれば、利尻カラークリームの実力を感じることができるはず!

  • 1回で染まる
  • 30日間色が持つ
  • 無添加
  • 髪や肌に優しい

メリットたっぷりの利尻カラークリームで、1か月に1回自分で気楽に白髪ケアしましょう!

利尻カラークリームのもっと詳しい情報は↓の記事にまとめています。ぜひ読んでみてください。

⇒利尻カラークリームの色持ちやメリットについてもっと詳しく読む

コメント

コメントする

目次
閉じる