ヘアカラートリートメントはやめた方がいい?髪に悪い?

ヘアカラートリートメントはやめた方がいい?髪に悪い?

美容院でヘアカラーをした際に、髪が傷んでパサパサになってしまった経験はありませんか?

白髪を染めたい方は、頻繁に美容院に通わなければならず、負担に感じているのではないでしょうか。

ヘアカラートリートメントにも興味あるけど本当にそまるの?

  

染まり方が緩やかだから、1回で確実に染めたい!という人には正直おすすめできないかも。。

カラートリートメントは髪に優しい染め方です。

刺激の強い薬剤を使わないので、アレルギーの心配も少ない、安心して使える染髪料なんです。

ただ、白髪用はカラーバリエーションが少なかったり、どうしても染め残しがでるなどのデメリットもあります。

 この記事では、メリットやデメリットも含めて、ヘアカラートリートメントについて詳しく紹介します。

目次

ヘアカラートリートメントとは?

ヘアカラートリートメントは、簡単にいうと髪を染める染料と、トリートメントが合わさったもの。

一般的なトリートメントと同様に、お風呂でシャンプーした後に髪に塗布するだけで髪を染められます。

  

1回で完ぺきには染まらないけど、使い続けることで徐々に染まるものがほとんど

気になる白髪をカバーすることができることはもちろん、美容院でのヘアカラーの色味を持続させることもできます。

白髪用のトリートメントもいろいろ出ていますよ。

  

私が使っているのは白髪用だけど、ヘアカラーを楽しむためのカラートリートメントもあります

いろんな色があってたのしい!

黒髪には色がつかないそうです。ブリーチなどをした明るめの髪に使うものみたい。

ヘアカラートリートメントのデメリット

自宅で気軽に白髪を染められるカラートリートメントですが、1回でキレイに髪を染めることは難しいです。

効果を実感するまでには使い続ける必要があります。

  

髪の表面に色を付けているだけだから

特に使い始めの頃は、髪に定着しづらいため、毎日のようにシャンプー後にヘアカラートリートメントをしなければキレイな仕上がりになりません。

また、人によっては理想の髪色に近づけることが難しい場合があります。

ヘアカラートリートメントには、脱色作用がないため、地毛の色より明るい色にすることはできません。

例えば、黒髪に明るい色やビビットな色を重ねても、ほぼ変化はありません。

日の当たる下であれば、少し色味を感じられる程度になります。

  

白髪を目立ちにくくするためなら十分です!

白髪用はカラーの選択肢が少ない

白髪用のカラートリートメントは、カラーバリエーションが少ないのが残念な点です。

おしゃれ染め用のカラートリートメントの色は白髪には入りにくいそうです。

素手で使うとネイルが染まる

ネイルをしている場合、素手で触るとネイルにも色がついてしまうので、手袋をしないといけません。

ベージュのマニキュア塗った手で、手袋付けずにカラートリートメント(ブラウン系)を使ってたら、ネイルがなんだか汚い色になってしまいました(涙)。

  

素手で使えるというカラートリートメントもあるけど、ネイルしているなら手袋したほうがいいです!

使い捨てのビニール手袋を使うのが一般的だと思いますが、正直めんどくさいです。

使い捨てにするのも、もったいなく感じてしまいます。

  

私はビニール手袋を捨てずに、数回は使います

ヘアカラートリートメントのメリット

デメリットもあるヘアカラートリートメントですが、メリットの方が大きいです!

髪へダメージを与えない

髪へのダメージを抑えて染められるのが、ヘアカラートリートメントの最大のメリットです。

一般的に美容院で扱っているようなヘアカラーは、薬剤によって髪をコートしているキューティクルを開き、メラニン色素を破壊させて染料を発色させるため、髪色が明るくなります。

しかし、キューティクルに傷がつくことで、乾燥してパサパサになったりツヤが失われたりと、ダメージに繋がりやすいです。

アレルギーの心配が少ない

  

しかも、ヘアカラーに必要なジアミン系の成分でアレルギーを起こす人もめずらしくないんですよね。。

消費者庁に報告があがっているだけでも、毎年200件(平成27年の情報)ヘアカラーによるアレルギーが発生しているそうです。

ほとんどのカラートリートメントはジアミン系の薬剤を使っていない(それが売りになっています)ので、その点は安心できます!

トリートメント効果

ヘアカラートリートメントは、髪の表面に少しずつ色をつけています。

刺激の強い薬剤を使わないので、ヘアカラーと同じような染まり方にはなりません。

何度か使用することで、色素が表面よりも少し内側に浸透・定着していくため、髪へのダメージを抑えて染めることができます。

さらに、色素と一緒に、トリートメント成分も浸透するため、髪を痛めるどころかむしろヘアケアになるんです。

  

正直劇的に変わる!というほどではないけど

時短になる

美容院で染めるよりも、髪を染める時間が短縮できる点もメリットです。

美容院でヘアカラーをする場合、前述した通り髪の色素を分解してから髪内部に染料を定着させるため、ヘアカラー剤の塗布から洗い流すまでに、トータルで1時間半〜2時間かかることもあります。

ヘアカラートリートメントであれば、色を乗せるのが髪の表面だけなので、塗布してから10分くらい放置した後で、洗い流すだけです。

節約になる

好きな時に低価格で髪を染められるのも良い点です。

美容院を利用するには、予約のためにスケジュール調整をして、その日に美容院まで足を運ばなければならないため、意外と負担になりますよね。

また、店舗にもよりますが、5,000円程度の費用がかかります。

ヘアカラートリートメントであれば、毎日のお風呂の時間に使用でき、費用面でも薬局などで1,500円くらいから購入でき、一か月に一本ほどの消費量なのでリーズナブルです。

  

1本で2,3か月持つものもあるから4000円くらいのちょっといいカラートリートメントを使ったとしても経済的!

ヘアカラートリートメントの選び方

 ヘアカラートリートメントはどう選ぶべきでしょうか?

それは仕上がりのイメージによって異なります。

白髪染めをしたい方は、白髪の見た目をどうしたいか決めましょう。

白髪をなじませたいなら、白髪以外の髪の色に近い色を選ぶとよいでしょう。

ただし、白髪用のカラートリートメントはカラーバリエーションが少ないのが残念な点です。

  

カラーバリエーションが多いのはLPLP(ルプルプです)

下の記事で紹介しているナチュレーナは、カラートリートメントとは少し違いますが、ボルドーやライトブラウンの色味があるので、興味のある方はご覧ください。

※60分放置時間が必要ですが、1回でよく染まります。

なお、ひと口にブラウンと言っても、メーカーによって色が異なります。購入後に後悔しないよう、サンプルを見たり、ネットで口コミの確認をすることが大切です。

また、比較的肌に優しいヘアカラートリートメントですが、肌の弱い方は必ずパッチテストをしてください。

パッチテストで赤味などの反応が出てしまったら、使うのを避けましょう。

まとめ

ヘアカラートリートメントは、ジアミンアレルギーの方や、できるだけ髪や頭皮をいたわりたい方におすすめできるアイテムです。

特に白髪の場合、ヘアカラーに慣れている方は、「全然染まらない」と満足できないかもしれません。

でも毎日使い続けて色が重なれば白髪は少しずつ、でも確実に目立たなくなります。

ちょっと白髪が気になってきたという方に試していただきたいです。

コメント

コメントする

目次